リノベーション回顧録 No.5

壁下地補強
DSCN0784
家具を固定するには、ビス(ネジ)を利用します。
あらかじめ家具を設置するところが決まっている場合は
工務店が下地用のベニヤを壁の中に設置します。
その上に石膏ボードをはります。
石膏ボードの方が壁紙(クロス)を貼るのに良いです。
ベニヤでも良いのですが、ベニヤのつなぎ目が目だったり

ひび割れてきたりと時間が経ってきてからの不具合が
石膏ボードよりも出やすいです。
また、クロスをはりかえる時がきても石膏ボードの方が
仕上がりが良いです。

DSCN0781
石膏ボードをはって、床を仕上げれば、大工さんの
工事は完了です。

いよいよ、仕上げ、完成です。

LRS三和建設工業長良店 村瀬 友一

 

リノベーション回顧録 No.4

断熱工事
DSCN0739
白い物は、床の断熱材です。
横に平行並んでいるのが、根太という材木です。
その根太に直接床材を設置しても良いのですが
当社は、12mmのベニヤを貼ってからその上に
仕上げの床材を貼り、頑丈な床にします。

築20年くらいたつと床がフワフワするところが
でてきます。それは、根太に直接仕上げの床材が
貼ってあって、その床材がいたんできてフワフワと
してきます。所々踏んでも固いところが、根太が
あるところというわけです。
よく、床がフワフワしてくるとシロアリが喰っていると
思いがちですが、ほとんどの場合は経年劣化です。

DSCN0782
外壁面にももちろん壁の断熱材を隙間なく入れていきます。

DSCN0783
断熱材を間仕切り壁の中にも入れていきます。
断熱効果はもちろん、簡易的な遮音効果も得られます。
特にトイレやお風呂などの間仕切り壁に入れると良いですよ。

リノベーション回顧録 No.3

解体工事ほぼ完了!
DSCN0665
解体工事業者によりきれいに解体完了です。
心配していた、土砂は、
我々の工事に入る前にボランティアの方々が
基礎の中に這いつくばってもぐりこみ、できる限り
撤去してもらっていました。ボランティアの方々の
努力はホントにすごいです。自分にはできないです。

DSCN0663
地面にある丸い物は、束石といって、基礎の一部です。
その石の上に束(木材)を建てて床を組んでいきます。
今回は、束石ではなく、コンクリートプレートに

交換できるところは交換していきます。
DSCN0666
今回は、浴室を1624サイズというすごく大きいサイズの
ユニットバスを組み立てます。そのため、柱が邪魔に
なるので柱を撤去して補強をしていきます。
できる時とできない時があります。計画段階で
よく相談させてください。

統一イベント『暮らしのリフォーム相談会』6/1・2開催予告

6/1(土)、2(日)は、会場:リクシル岐阜ショールームにて統一イベント
『暮らしのリフォーム相談会』を、ご好評につき、今年も開催予定です。
http://lixil-sodankai.jp//
ご予約の上、ご来場の方に『チャーミーマジカ』をプレゼント♪♪♪
(^v^)/ ご予約のお電話もお待ちしております!
折込日は、長良店5/26(日)です。
6.1.2表
)^o^( 特別イベントもありますよ~
6.1.2裏
ご来場をスタッフ一同、お待ちしております。(^v^)/