関市N様邸 リノベーション回顧録

N様との出会いは、平成30年7月豪雨から1週間後のことでした。
三和建設でご新築を建てていただいた妹様からのご紹介でした。
お姉様のお家が床上浸水してしまって困ってみえるとのことでした。
すぐに現場調査させていただくようにお願いして、お伺いしました。

DSCN0415
お伺いした時には、すでにボランティアの方々が大勢入ってみえて
片付けが進んでいるかのように思われました。
でも、実際は大きな被害にあわれていて、大変なことになっていました。

DSCN0402
お家の中に入らせていただいたら、まずは、和室を見せていただきました。
畳をあげて、下地板をめくり、とにかく床下を乾かさなくては!ということで
大型扇風機がフル回転していました。
ボランティアの方により基礎の中に流れ込んできた土砂は、和室の所は
すでに撤去済でした。すごいです。

ご主人様は、自治会の会長をされていて、自宅は後回しにして、とにかく地域住民の
方々を優先してみえました。自宅の打合せもそこそこにかけまわってみえました。
かっこよかったです。でも、相当、お疲れのようでした。
早く、普通の生活に戻っていただけるようにしなくては!と思い
打合せを進めてまいりました。        つづく

新店舗への移転も完了して落ち着いてまいりました。
ブログの更新も復活させて継続させます。
また、7月にはホームページをリニューアルさせて、多くの方々に
楽しんで見ていただけるようにしていきます。

LRS三和建設工業 長良店 村瀬友一

 

Comments are closed.